朝起きて首が痛いから寝違えだと

寝違えになって奈良・八尾の北京整体で施術を受けた方のほとんどは朝起きてから首が痛くなったと言う方が多いです。

寝違えは寝る時の姿勢が悪い或は冷えなどの影響で首の筋肉が痙攣を起こす。

朝起きたら後に首が痛みを感じるようになり、首を回しにくい病気である。

若い人に多く、両方より片方のほうが寝違えになりやすい。

寝違えの症状が軽い人は2~3日で自分でよくなるが、重い寝違えは数週間経ってもよくならない。

寝違えは推拿が効果的で1~2階ですぐ治る。

気をつけなければならないのは
中年以降繰り返して寝違えが発生する場合です。
それは頸椎症の兆しでもあるので注意が必要である。
奈良・八尾の北京整体では寝違えの原因と発病過程を詳しく説明しています。

①寝違えは虚弱体質、疲れすぎ、枕が高すぎ或は寝る姿勢が悪いなどで首の筋肉が長時間

伸びすぎた状態になって痙攣する。

主な筋肉は胸鎖乳突筋・僧帽筋・肩甲挙筋などがある。

②寝るときに肩や首を露出したので風寒湿気の影響で気血の流れが滞って、経絡が詰まるので急な痛みを出すことになる。

③少数の寝違えは首を突然捻る或は重いものを担ぐなどで首の筋肉が損傷・痙攣して起きる。
奈良・八尾の北京整体では1~2回の整体療法で寝違えを効果的に治します。大阪府八尾市で、奈良県奈良市で寝違えを治したいなら 北京整体にお任せください。

TEL:0742-85-1168

住所:奈良市大宮町1-1-13

第二木村ビル2階