奈良 五十肩

奈良県奈良市大宮町1-1-13

第2木村ビル2階

予約TEL:0742-85-1168

奈良市で五十肩または四十肩で悩んでいませんか?

五十肩も四十肩も本当は肩関節周囲炎です。

五十肩

肩の軟組織が退化、損傷又は冷えが原因で肩関節内の関節嚢及び周囲筋肉、腱、靭帯と滑膜などの組織が退化性変化と慢性無菌性炎症を起こします。

主な症状は
肩が痛い、
関節活動の制限がある。

発病年齢は50代が一番多く、女性が男性より多いです。四十代の方が五十肩になったら四十肩とも言います。


五十肩-四十肩の原因

1.肩関節の退化性変化。
中年以降、肩関節周囲組織はだんだん退化して組織が熱くなり、柔軟性も劣る。
中国医学では体が弱い或は過度の疲労で肝臓、腎臓の気血が足りず、血行不良が起きる。
腱や靭帯などが十分血液の栄養をとれないことで固く、縮むので関節の動きがにくくなる。
2.損傷と使いすぎ
肩関節の長期の頻繁の活動中或は突然の外力の影響で関節周囲の筋肉、腱、関節嚢などが損傷する。
特に筋肉の付着点や狭いところの腱や腱鞘が損傷されやすく、
無菌性炎症反応が起きて癒着などで肩が動きにくくなる。
3.風寒湿気の侵入:
過度の疲労・冷え・湿気・風寒。
4.後発性五十肩:
頸椎症、半身不随、心臓病、内分泌代謝失調、鎖骨骨折、上肢肩関節以外の骨折脱臼などの整復固定後等で肩部の痛みを起こし、筋肉が痙攣し、関節活動が制限されて五十肩を誘発する。


奈良五十肩
奈良五十肩

五十肩の診断要点

1.肩の疲労、外傷或は風寒湿気侵入史
2.中年の人が多く多くは慢性的に発病する。
3.肩部の疼痛。夜中が酷い。疼痛が肩甲骨や上肢に響く。肩関節の可動域が制限される。
4.上腕骨の結節間溝に圧痛ある。
関節周囲に広い範囲の圧痛あり、各方向の動きが制限される。長引くと三角筋が委縮する。
5.X戦検査異常なし。
後期に骨粗鬆や骨増殖がある場合もある。


患者様の喜びの声

奈良市五十肩の主婦

1年半以上五十肩に苦しんできました。

もうあきらめていましたが、施術して頂いて、今までの治療と違い痛くないので(今まで激痛に耐えても改善してこなかった)そして、気持ち良いので続けられています。

徐々にですが、腕が動くようになり、エプロンが後ろから結べるようになりうれしいです。


五十肩のセルフケアー

北京気功整体奈良院では五十肩の方にセルフケアーをおすすめします。

1、健側の親指あるいは手の平で肩関節の前の部分と外側を上から下へで揉む、時間約1―2分、局部で少し痛い所は親指の指先で点按する。
2、健側の手の第2―4の指の腹で肩関節の後部の揉む、時間約1―2分、局部の痛点はしばらく点按する。
3、健側の親指及四指で上肢の二の腕の筋肉を捻り揉む、下から肩部まで、時間約1―2分。
4、更に肩を外側に伸展させたまま、上述の方法でマッサージする。マッサージしながら、肩関節を各方面に動かします。
5、最後に手の平で上から下へ1―2分揉みます。肩の後部の揉みにくい処は叩くのもいいです。
毎日1回行って、1―2ヶ月続けたら必ずいい結果が出るはずです。

まずは北京気功整体奈良院で、まずは五十肩を治しながら行うと効果的です。