ぎっくり腰を知ろう

奈良の北京整体ではぎっくり腰の原因と部位を明確に判断してから正確な治療を行います。ぎっく腰の患者さんの多くは脊柱側弯が起きる。
大体 痛めた腰のほうに曲がっている。
例えばぎっくり腰が左の場合、体を右側に曲げる或は右後ろに回旋すると痛みが強くなる。

棘突起両方の深いところに圧痛はあるが、腫れやうっ血はない。

腰の動きの制限されている姿勢で損傷の部位の特定ができる。

例えば腰部が健康な側に曲げる動きが制限されて痛痛が酷くなる時は損傷が仙腸関節のほうでぎっくり腰が起きている。

左右の側屈とも制限されて腰痛が酷くなるのは損傷が両側の脊柱起立筋の処に起きている。

前屈、伸展が制限され、疼痛が酷くなるのは棘上・棘間靭帯に損傷が起きている。

ぎっくり腰の判断の時は横突起の骨折・関節突起の骨折・腰椎の圧迫性骨折・棘上棘間靭帯の断裂・急性腰椎ヘルニアの鑑別が必要である。

奈良のぎっくり腰は当院へお任せください。北京整体院で行うぎっくり腰の治療は一回の整体は普通に歩けるような状態まで回復させることができます。


北京気功整体奈良院のホームページはこちら

住所:奈良県奈良市大宮町1-1-13

第二木村ビル2階

予約TEL:0742-85-1168

奈良市足のしびれ腰痛の38歳女性会社員

Q.どんな症状で悩んでいましたか?

・腰痛・足のしびれ

Q.多くのお店がある中でここを選んだ理由は何ですか?。

Q.施術を受けてカラダにどのような変化がありましたか?

一回で施術で楽になりました。

永年悩まされていた腰痛とも離れられそうです。

ありがとうございます