住所:奈良県奈良市大宮町1-1-13

第二木村ビル2階

TEL:0742-85-1168


肩の痛み

奈良市で方の痛みで悩んでいる方はいませんか?

特に肩の前部、又は全体的な痛みがあり、夜間痛で苦しんでいません?

これは五十肩かなと勝手に思ったりしませんか?

上腕二頭筋長頭の損傷の場合もあります。

このような、肩の痛みを起こす上腕二頭筋長頭腱鞘炎
上腕骨の結節間溝と上腕骨二頭筋長頭が退化して上腕二頭筋長頭が結節間溝の骨性繊維管内で腱鞘炎を引き起こすので肩の前部の疼痛と活動障害が起きる。
中年人に多く、肩部の他の疾患(五十肩など)と同時に起きることが多い。
奈良院の推拿は効果がいい療法であります。

住所:奈良県奈良市大宮町1-1-13

第二木村ビル2階

TEL:0742-85-1168

肩の痛みの原因
人は中年になると、上腕骨の結節間溝と上腕骨二頭筋長頭が退化します。
骨が増殖すると結節間溝が浅く荒くなります。
肩関節を外旋外転を何時も力強くすると腱、腱鞘と結節間溝の摩擦酷くなり、腱鞘が慢性の炎症を起こす。
腱鞘の充血、厚くなる、浮腫みなどが起きて腱鞘の中が益々狭くなり滑りを悪くする。
長引くと腱が退化し、荒く黄色に変質し、腱鞘の中に溜まった液を
素早く吸収できず、繊維蛋白が分離することで腱鞘の臓面と壁面が分離し狭窄性腱鞘炎になる。
他に肩袖損傷、カルシウム化肩関節内病変などもその原因である。

五十肩になるんじゃないかと心配してる奈良のあなた!

軽い肩の痛みは馬鹿にしてはいけません。心当たりがある人は早めに北京気功整体奈良院に相談ください

診断基準

①肩の使いすぎ又は風寒湿気の侵入病史、中年人が多い。慢性的に発病する。
②肩の前又は肩の全部の疼痛。
夜間に痛みがひどくなる。
三角筋の下の方向に響く場合もある。
肩関節を外旋、外転、又は肘を曲げて方を伸ばす時に疼痛が激しい。
③結節間溝の腱に鋭い圧痛があり、肩関節の外旋、外転が制限される。
上腕二頭筋が収縮する時に軽い摩擦感がある。
上腕二頭筋抵抗実験陽性。
④X線検査 異常なし。個別患者は骨質の変化や腱のカルシウム化などが見られる。

ピンポイントで、肩の痛みの原因を特定するには豊富な経験と知識が必要です。奈良で、方の痛みで悩んでいる方はぜひご来院ください

上腕二頭筋長頭筋腱鞘炎の推拿治療


手の陽明大腸経を中心にツボを取り、治療を行う。

注意点

1.上腕二頭筋の長頭を揉みすぎないようにする。

2.肩の関節の激しい運動を減らす。

急性期には肩の関節の外転外旋運動をしないようにする。

慢性期には機能回復を中心に行う。

3.肩の保温に注意し、風寒を避けて病気が酷くならないようにする。

患者様の喜びの声

何年も我慢してきた首肩の痛み

奈良市のw・k様

何年も我慢してきた首の痛みや肩コリが、本当に楽になりました。奈良市の整体や整形外科に通っていても、一日たつとまた同じ、という繰り返しでしたが、北京整体にお世話になってからは、そんなことなく快調です。

痛みに苦しんでいる方に私のような幸せ感を体験してもらいたいです。

コメント:肩こりは根本原因から治療すれば戻ることはなくなります。安定するまでもうしばらく整体を続けてくださいね。